マンション大規模修繕工事のコンサル業務

私たちコンサルタントの役割

管理組合が取り組むマンション大規模修繕工事においては、その検討過程の透明性・公平性が大変重要になります。

しかしながら、それには専門性や技術力、経験が必要とされるものでもあり、管理組合だけではスムーズに検討が進めにくいという現状が多くあります。

私共は大規模修繕工事コンサルとして第3者的な立場から適時アドバイスを行い、管理組合の利益保護に努めると共に、マンション大規模修繕工事を成功に導くサポートを行っています。

業務コンセプト

大規模修繕工事のコンサル業務フローマンション大規模修繕工事は「住みながらの工事」という特殊性がある為、入居者の方の協力が大いに必要です。

その為には、検討過程の早い段階から、必要な情報は公開し理解を深めていただくと共に、参加意識を実感してもらう事が重要です。最終的な総会における合意形成の為にも、欠かせない事項になりますが、実際こうした事に対応していく場合、管理組合さまにおいても相当な業務が必要になります。

弊社では技術分野での作業は当然実施し、その上で情報公開や参加意識を高める分野でのサポートも担当を配置して行っています。この体制により、管理組合さまの負担の軽減の一助を果たすと同時に、弊社の技術担当者は技術により専念することが出来ます。

このように大規模修繕工事という一大プロジェクトを成功に導くよう様々な分野においてパートナーとして取り組んでおります。

トップ