ビジョン30

当社では、皆様が所有されている建物の価値を向上させる長期テーマを設定し、よりよい生活環境を具現化するご提案を「ビジョン30」と銘打ち、概ね30年に亘る建物(特にマンション)の一生をプロデュースする活動を行なっております。

ビジョン30の実現マンションにおいては、30年の間に約2~3回の大規模修繕工事が行なわれます。その際に検討事項となるハード面である共用部の見直し(鉄部・耐震・給排水・電気及び電機・駐車場やバイク置き場・外構・法定点検等)だけだなく、ソフト面となる長期修繕計画の作成・積立金の見直しや運用・簡易診断・管理費の改訂・管理組合の運営アドバイス・保険関係等のご提案も出来るのがリノシスコーポレーションの特徴です。

マンション所有者は専有部のリフォームだけに目がいき、その部分だけでの資産価値を求めようとする傾向があります。しかし、マンションにおいては共用部の状況が資産価値の大きなウエイトを占めるため、管理組合様が主体となった適正な維持管理が非常に重要となるのです。

また、それだけでなく30年という長期スパンを見据える事により、長期テーマとなるエコロジー・環境・高齢化・情報(IT)・防犯(セキュリティー)・子ども(子育て)・ペット・コミュニティー・デザイン・自然(オーガニック)等の様々なご提案を行なう事により、更なる資産価値の向上につなげることも可能です。

これらを「ビジョン30」と銘打った長期的なコンサル業務を行なう事により、建物が建った時点での生活環境を30年後にも維持するだけでなく、その時代・時代に即した生活環境で暮らして頂ける様、独自技術の提供により、クライアント様の住環境だけではなく、生活そのものにに大きく貢献いたします。

ビジョン30 概ね30年に亘る建物(特にマンション)の一生をプロデュース

トップ